この音とまれ(漫画)ネタバレ 第25話【決断】の内容とは?

こんにちは。
今回はこの音止まれ(漫画)ネタバレ
第25話【決断】の内容について書いていきます。
巻数・第7巻になります。

 
スポンサーリンク
 

第25話 【決断】

愛が苦悶の顔を浮かべている。
右手首が痛むようだ。
滝浪先生は気づいていた。
愛を連れていく滝浪先生。
滝浪先生は愛に対し、今日は出場禁止を言う。
愛と滝浪先生が口論となる。
愛がキレる。
自分だけが外から見ているのは嫌だと主張する。
武蔵はそのやり取りを聞いていた。
滝浪先生は武蔵に判断を委ねる。
愛の手首が悪化する。
プログラムはどんどん進んでいく。
衣咲が哲生と滝浪先生について話している。
衣咲は高校一年の時、音楽エリート家庭の落ちこぼれと噂されていた
滝浪涼香を目撃していた。
当時、滝浪涼香は高校3年生で衣咲の二つ上。
音楽関係のクラブをやっていた同級生に顧問の代わりに、
指揮をしてほしいと、冗談交じりに言われる。
それに対し、滝浪涼香は
「指揮したいと思うほどお前らの演奏に興味寝ねぇよ
  出直してこい タコ」
と返答する。
このことを衣咲は妙に記憶に残っていた。
愛が本番前に戻ってくる。
事情を知らないメンバーは、愛がいないとかありえないと言う。
事情を知る武蔵もこのまま演奏することを決意する。
舞台袖で待つ時瀬高校筝曲部メンバー。
愛の冷や汗が止まらない。
さとわは様子がおかしいことに気づく。
かなり注目の的になっている。
舞台にあがる。
プログラム24番 神奈川県立 時瀬高等学校 演奏曲 「久遠」
演奏が始まる。

まとめ

以上が『この音とまれ!』の第25話のネタバレとなります。
やはり手首が相当痛むようですね。
愛じゃなければ、即病院行きでしょう。
そういう意味では、愛で良かったですね。
滝浪先生はなんだかんだよく見てます。
この人も、人が好きなんでしょうね。
衣咲が記憶に残っているということなので、かなり印象が
デカかったんでしょう。
少し先のネタバレになりますが、ほんとに天才ですからね。
時瀬の演奏どうなるんでしょう。
興味のある方はぜひ、読んでみたください。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
31日間無料キャンペーンを体験する

関連記事
→この音とまれ(漫画)ネタバレ 第22話【関東邦楽祭開幕】の内容とは?
→この音とまれ(漫画)ネタバレ 第23話【桐生桜介】の内容とは?
→この音とまれ(漫画)ネタバレ 第26話【久遠】の内容とは?
→この音とまれ(漫画)ネタバレ 第27話【光の音】の内容とは?
→この音とまれ(漫画)ネタバレ 第28話【一歩前へ】の内容とは?