この音とまれ(漫画)ネタバレ 第22話【関東邦楽祭開幕】の内容とは?

2020年7月23日

こんにちは。
今回はこの音止まれ(漫画)ネタバレ
第22話【関東邦楽祭開幕】の内容について書いていきます。
巻数・第6巻になります。

 
スポンサーリンク
 

第22話 【関東邦楽祭開幕】

愛がおじいさんの家の跡地にいる。
お土産の石を置く愛。
おじいさんに想いを語る。
愛は仁科楽器店でおばあちゃんと話している。
仁科おばあちゃんは愛に対し、大会を迎えたら今より
もっと楽しくなると言う。
めいいっぱい楽しんでおいでと言う。
部室ではさとわがみんなの分の琴を用意してくれていた。
「久遠」の曲想を考えいるとき、愛がさとわを茶化す。
さとわは、挑発され立ち上がろうとしたときに、体制を崩してしまう。
そのさとわを愛が受け止める。
顔が真っ赤になるさとわ。
ちょうどそのタイミングでみんなが、部室に集まる。
サネに何してるんだと、怒られる愛。
武蔵から大会の演奏順が発表される。
33組中24番目。
そしてついに―――
大会本番―――
会場に到着する時瀬高校筝曲部。
そこで早速、明陵の桜介と姫坂のかずさと出会う。
かずさと愛が一触即発となる。
桜介もさらっと、勝利宣言し去っていく。
ぞくぞくと参加する高校生たちが集まる。
そして各学校の演奏が始まる。
プログラム一番 私立明陵高校 演奏曲 「百花譜」

まとめ

以上が『この音とまれ!』の第22話のネタバレとなります。
いよいよ始まりました。
関東邦楽祭
ライバル校の登場ですね。
姫坂の演奏しか今のところ、描写がなかったですからね。
それぞれどんな演奏をしてくるのか、非常に楽しみですね。
それにしても愛のお土産はなんで、石なんでしょう^^。
お金の問題ですかね^^。
そんな愛の好きですけどね^^。
ここからさらにキャラクターも増えて、感情移入できると思いますし、
この関東邦楽祭は一つのターニングポイントになります。
興味のある方はぜひ、読んでみてください。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
31日間無料キャンペーンを体験する

関連記事
この音とまれ(漫画)ネタバレ 第23話【桐生桜介】の内容とは?
この音とまれ(漫画)ネタバレ 第51話【音楽の本質】の内容とは?
この音とまれ 主人公・久遠愛はどんな人物?過去は?
この音とまれの登場人物(キャラクター)紹介・まとめ1
この音とまれの登場人物(キャラクター)紹介・まとめ2