この音とまれ(漫画)ネタバレ 第10話【見えない境界線】の内容とは?

2020年7月21日

こんにちは。
今回はこの音止まれ(漫画)ネタバレ
第10話【見えない境界線】の内容について書いていきます。
巻数・第3巻になります。

 
スポンサーリンク
 

第10話 【見えない境界線】

前回、来栖妃呂が入部を希望している場面で終わった。
職員室で武蔵と滝浪先生が来栖妃呂の入部について話している。
部室に集まり、武蔵が新しく入る来栖妃呂の紹介をする。
妃呂は武蔵と同じ学年・同じクラスで、愛たちの一個上。
サネ・ミッツ・コータの三人は大歓迎している。
さとわは、妃呂がネイルをしていることに違和感を持つ。
武蔵は部の目標として、関東邦楽祭に出場することを提案する。
それにあたって、経験者であるさとわは、
古典の曲をやっておいた方がいいと進言する。
妃呂にはいきなりで苦しいかと思われたが、妃呂は琴の経験があった。
不安はなくなり、古典曲を演奏することに決まる。
妃呂は部内の空気を感じ取り、怪訝な形相を浮かべる。
妃呂はサネ・ミッツ・コータの三人にさとわは
住む世界が違うよね。と話し始める。
翌日、部室で武蔵による古典のお手本を聴く。
が、メンバー爆睡。
サネ・ミッツ・コータの三人はうまく弾けず、
さとわに迷惑をかけているのではと思い始めた。
妃呂はさとわに対しても、なんでここにいるの?とけしかける。
日が替わり、さとわが学校を休む。
部室で妃呂がさとわが言ったいたような口ぶりでメンバーを惑わせる。
愛がそれに対し、鋭い視線を妃呂に送る。
部活が終わり、愛がさとわの家を訪問する。
住所通りに進んでいくとそこにあったのはボロボロのアパートだった。

まとめ

以上が『この音とまれ!』の第10話のネタバレとなります。
妃呂はいい人なんです。
心に傷を抱えていたんです。
今は腹立ちますが、ゆくゆくは重要人物になります。
それまで我慢して読んでいただければと思います。
古典曲というのはやっぱりなにか違うものなんでしょうね。
さとわに分からないことは僕にも分からりません。
が、しかし、やはりステップとして踏んでおいた方がいいんでしょうね。
興味のある方はぜひよんでみてください。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
31日間無料キャンペーンを体験する

関連記事
この音とまれ(漫画)ネタバレ 第11話【知られざる音の葉】の内容とは?
この音とまれ(漫画)ネタバレ 第17話【答え】の内容とは?
この音とまれ 主人公・久遠愛はどんな人物?過去は?
この音とまれがアニメ化されました!声優陣は誰が務めるのか?
この音とまれ(漫画)に登場する「由永侑」 はどんな人物?プロフィール・過去は?