久遠愛(この音とまれ)wiki風プロフィール紹介!過去や人物像とは?

こんにちは。

記事を読んでいただきありがとうございます^^。

この記事は、僕が好きな漫画『この音とまれ』の

主人公・久遠愛(くどうちか)についてwiki風のプロフィールや

過去、どんな人物なのかについてまとめていこうと思います。

久遠愛(くどうちか)wiki風プロフィール!

名前:久遠愛(くどうちか)
誕生日:9月2日
血液型:O型
身長:178㎝
体重:62㎏
兄弟:一人っ子
好きなもの:甘いもの全般・おにぎり
苦手なもの:苦いもの
学校が休みの日は:寝てるか琴の勉強してるか哲生ん家行って漫画読んでるか
※基本他人にあまり興味を持ちませんが、一度心を許した人間には割となつきます。

久遠愛がこの音とまれに初登場した話数・回はいつ?

愛の初登場は、1巻1話「新入部員」からになります。

愛は初登場の段階で血だらけで、いきなりで警察の方に捕まえろ!と

言われている描写から始まります。

愛が琴を始める理由や、おじいさんとの過去が

影響する大事な伏線となっています。

この音とまれの主人公・久遠愛の過去とは?

愛は中学時代におじいさんの久遠源さんと同居しており、

おじいさんは琴を作る職人でした。

愛は中学時代にかなりの悪として知られており、同じような悪い仲間と

つるんでいました。

愛はおじいさんと、同居するようになり

徐々に悪い奴らとつるむことが少なくなっていきました。

しかし、そのことを面白く思わなかった当時のメンバーが

愛の振りをして、おじいさんの家を襲います。

愛は、その襲撃の犯人にされてしまい、警察に捕まってしまいます。

おじいさんは、襲撃の際にケガをして病院で治療しているところに

愛が気まずそうにやってきます。

その愛に対して、おじいさんはちゃんと分かってる!と

言います。

おじいさんは、愛がそんなことをする人物ではないと

分かっていたのです。

しかし、このおじいさんはほどなく亡くなってしまいます。

愛は、おじいさんが作っていた琴に向き合うべく

おじいさんが作った時瀬高校の筝曲部に入部してきたのです。

この音とまれの主人公・久遠愛の人物像とは?

愛は、武蔵と並びこの漫画の主人公になります。

中学時代は手を付けられないほどのヤンキーで、

1対9のケンカに勝つなど、かなりのヤンキーでした。

愛は幼少期に親から、見放されており親の愛情を知らずに

育っています。

そのため、人との距離感が分からず言葉使いも悪く

誤解されやすい人物です。

しかし、根はまっすぐで仲間想い一面があり、

女の子には手を出すことはなく、泣いている女の子には

ハンカチを差し出すなど、かなり優しい一面もあります。

琴に対する真摯な姿勢や飲み込みを早さは、

筝曲部の中でも、群を抜いています。

さとわをライバル視しており、追い抜くと豪語するなど

基本的に自分に自信を持った発言が目立ちます。

『久遠愛(この音とまれ)wiki風プロフィール紹介!過去や人物像とは?』のまとめ

今回は『久遠愛(この音とまれ)wiki風プロフィール紹介!過去や人物像とは?』について

まとめてみました。

愛の琴に対する姿勢は、見習わなければと思わされる面がたくさんあります。

もうひとりの主人公・武蔵との対比でかなり目立ちます。

始めの頃は、誰にも信用してもらえず葛藤していますが

武蔵やさとわとの信頼関係を築いていき、全国大会に向けて

努力していく姿は感動物です。

この音とまれは2020年5月現在22巻まで発売されており、

今では、愛の後輩も入ってきています。

興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。