この音とまれ99話(最新話)の内容ネタバレ!今すぐ無料で読む方法も!

こんにちは。

この音とまれ24巻99話のネタバレについて書いていきます。

 

■前回のあらすじをおさらい

前回の98話では、テスト前で集中力が削がれてしまう中で必死に練習するメンバー。

その中でも、今まであまり馴染めていなかった名都とメンバー同士の

距離が近づいている。

 

テレビ取材をみんなで観ることになり、盛り上がるのだが

全国放送が故に、愛の過去の連れにも現状がバレてしまう。。

 

 

前回のこの音とまれ98話を読みたいかたはこちらからどうぞ

 

 

 
スポンサーリンク
 

この音とまれ【24巻99話】最新話『滲む、黒』のネタバレ!

 

愛は授業中に居眠りをしている時に、昔の連れの夢を見ていた。

汗だくで目を覚ます愛。

さとわがそんな愛を見て、ハンカチで拭いてあげる。

 

愛はまだボーっつとしながら、さとわの手を握る。

哲生が部活の練習時間について話すと、愛はさとわの手を握ったまま走り出す。

部室に向かう途中、さとわは愛に手を引っ張られる。

愛は無意識だった。

 

なにかあったのかと心配するさとわ。

なにもないと答える愛。

 

 

いつもの二人のやり取りに戻る。

愛はさとわの演奏を完璧だと思っていたが、さとわは自分の本気はこんなもんではないと返す。

 

 

演奏の核となる大事な部分が欠けているというさとわ。

その発言を聞いた愛は、部室に向かい猛ダッシュする。

 

 

これ以上差を付けられたくないと言い、ゆっくり部室に来いという愛。

さとわは愛の手が冷たかったことを心配しながら、もうすこし繋いでいれば良かったと後悔する。

 

 

哲生に知らない番号が・・・

哲生が帰宅中に知らない電話番号から着信がある。

軽い声色で、久しぶり~と話す電話主。

 

その声に、哲生は嫌な予感がする。

電話主は、我孫子(あびこ)という愛の昔の連れだった。

 

我孫子は愛のテレビ放送を観たというのだ。

我孫子という人物以外にも、宇月(うづき)という男も観たことを伝える。

 

我孫子は、愛の保護者である哲生にしっかりしないとと告げる。

しかし哲生は、愛の今の生活は自分で勝ち取ったものだと言う。

 

それに対して、我孫子は正論だが自分だとのような奴には通用しないと返す。

電話を切ろうとする哲生に、我孫子はもっと面白い状況になっていると伝えるのだった。。

 

名都の正体とは・・・

愛が哲生の家に到着する。

試験勉強を教えてもらいに来たのだ。

 

愛は練習時間の短さを嘆いていた。

哲生はいつもと違い上の空で話を聞いている。

なにかあったのかと尋ねる愛。

 

いつもこんな感じだと誤魔化す哲生。

愛は部活の事を話す。

 

哲生はその中で、名都は信用できる奴なのかと尋ねる。

思わぬ質問に驚く愛。

哲生は名都が愛のことを以前から知っていたことを懸念していた。

 

愛は同じ中学なら、誰でも自分の事件の事は知っているだろうと話す。

 

名都の音が好きだという愛。

さらにあの頃とは違うと話す。

 

哲生は我孫子から聞いた話を思い返していた。

我孫子は百谷名都の正体について哲生に話していた。

 

名都のいつものバーに向かう。

そこで店長は名都にお客さんが来ているという。

 

久しぶりと名都に声をかけた人物は宇月だった。

名都は宇月の弟だったのだ。

 

宇月は名都に久しぶりに会えて良かったという。

さっきの件、お願いね!と告げる宇月。

 

名都は承諾する。

宇月はまた連絡すると、去って行ったのだった。。

 

この音とまれ【24巻99話】最新話『滲む、黒』の感想

昔の連れが出てきましたね。。(>_<)

そっとしておいてほしいと思いますが、今後の展開が気になりますね。。

 

愛の昔の連れがいずれは出てくるのかなと思っていましたが、

嫌なタイミングで登場ですね。。

 

我孫子は見るからに軽そうな雰囲気を出していますが、

宇月は線の細い賢そうな見た目をしています!

 

曲者感がありますね。(◎_◎;)

どういった人物なのか要注意ですね!!

 

 

 
スポンサーリンク
 

この音とまれ【24巻99話】のまとめ

引用:https://free-nomad.com/wp-content/uploads/2019/11/photo11.jpg

 

今回は、この音とまれ【24巻99話】のネタバレ・感想について書いていきました。

宇月はなかなか闇の深そうな奴ですね。。

嫌なタイミングでも登場になりましたが、うまく解決してほしいですね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

関連記事

 

⇒次のこの音とまれ100話が読みたい方はこちらからどうぞ

 

 

一つ前のこの音とまれ98話を読みたい方はこちら