鬼灯の冷徹【30巻257話】最新話の内容ネタバレ!今すぐ無料で読む方法も!

 

鬼灯の冷徹【30巻257話】最新話の内容ネタバレ!今すぐ無料で読む方法も!

 

鬼灯の冷徹30巻257話は、2019年5月9日発売の「モーニング」2019年23号で掲載されています。

そこで今回は、鬼灯の冷徹【30巻257話】最新話の『あらすじ』・『ネタバレについて解説させていただきたいと思います!

 

ちなみに、鬼灯の冷徹【30巻257話】を今すぐ読みたいという場合は、U-NEXTで配信されている「モーニング」2019年23号全ページ無料で読むことができます。

※31日間無料キャンペーン中に
解約すれば料金は“0”円です※

 
スポンサーリンク
 

鬼灯の冷徹【30巻257話】最新話のネタバレ・あらすじ

ついこないだまで小さな子犬だった夜叉一とクッキーの子供たちも

ついに獄卒デビューを果たす時がやってきました。

動物獄卒説明会を受ける我が子達を夜叉一は

今までの苦労を思い出しながら眺めています。

歓迎会へとプログラムは移り、

この機会に先輩や上司に挨拶しておくといいとシロは先輩らしく助言しますが、

彼らはあまり気乗りしない様子です。

挨拶の大切さを分かってもらおうと説明するシロですが、

今どきの若者よろしくまったく聞く気のない彼らの態度に

さすがのシロも苛立ちを隠せません。

ルリオは先輩や上司をトイレットペーパーに例え、

目上の者の有難さなどを諭しますが、

彼等には上手く伝わっていないらしく、

我が子にちょっと甘やかし過ぎたかと夜叉一はもらします。

そんな態度のせいで他の先輩たちにも生意気だと言われてしまう彼ら、

そんな彼等に火車は大人の言ういい子、

いい新人は都合のいい子を指すこともあるため、

昔は向いていたとしてもこれからの時代にあっているかは分からないと語ります。

しかしながら、

だからと言って生意気な事を言ってもいいというわけではないと彼女は新人たちに念を押します。

そんな彼らを見て、

過去の自分はどうだっただろう、

彼らと同じく生意気な態度を取っていなかっただろうかと振り返るシロに、

夜叉一はどちらかと言えばやべえアホが来たと感じたと告げ、

そしてその評価は今も変わってはいないが、

それが時によさにもなるためそのままで良い、

柿助・ルリオも含め三匹でいいトリオになっていると認めてくれました。

それから新人たちは鬼灯に挨拶することとなります。

シロ達先輩に生意気な態度をとっていた新人達ですが、

今までの態度は何だったのかと思う程、

礼儀正しい態度で鬼灯に対しては挨拶する彼らを見て、

その落差に夜叉一は堪忍袋の緒が切れてしまいます。

そして申し訳無さそうに謝る夜叉一に、

初めて入った職場に知り合いや親がいると安心もするが、

なんだか恥ずかしくなってします事もあるため甘えてしまったのではないかとフォローすると、

彼らはそれを認めて謝り仲直りします。

その後、

不喜処での仕事を体験することとなった新人たちですが、

まだ若い彼らになめた様子の亡者達。

そんな彼らの態度を見て人間は地獄に落ちても尚生意気な態度を取ると発言する鬼灯に、

新人達は力強く返事をし、

先輩たちの応援を受けながら業務に取り掛かかるのでした。

 

鬼灯の冷徹【30巻257話】最新話(絵付き)を今すぐ完全無料で読む

『鬼灯の冷徹最新刊』の内容が気になって、今すぐ読みたいけど、発売がまだされていなかったり、数か月後に発売とかだと正直言って待ちきれないですよね。

しかし週刊誌なら、既存の最新刊よりも先の内容がすでに配信されているため、発売前の最新刊の内容を先読みすることができるんです!

 

そこで、

無料登録直後に600円分のポイントが貰える
無料登録は、わずか1分で可能
最新の週刊誌までリアルタイムで配信

31日間無料お試し期間
期間内に解約すれば料金は“0”円

のU-NEXTを利用すれば、

いますぐ鬼灯の冷徹【30巻257話】を全ページ無料で読むこと

ができます。

 

ですのでもし、“次の巻の発売が待ちきれない”という場合はぜひ試してみてください!


公式サイト

※31日間無料キャンペーン中に
解約すれば料金は“0”円です※