鬼灯の冷徹【30巻255話】最新話の内容ネタバレ!今すぐ無料で読む方法も!

 

鬼灯の冷徹【30巻255話】最新話の内容ネタバレ!今すぐ無料で読む方法も!

 

鬼灯の冷徹30巻255話は、2019年4月4日発売の「モーニング」2019年18号で掲載されています。

そこで今回は、鬼灯の冷徹【30巻255話】最新話の『あらすじ』・『ネタバレについて解説させていただきたいと思います!

 

ちなみに、鬼灯の冷徹【30巻255話】を今すぐ読みたいという場合は、U-NEXTで配信されている「モーニング2019年18号」全ページ無料で読むことができます。

※31日間無料キャンペーン中に
解約すれば料金は“0”円です※

 
スポンサーリンク
 

鬼灯の冷徹【30巻255話】最新話のネタバレ・あらすじ

極楽満月にて瑞獣図鑑を読んでいた桃太郎は、

ふと気になった麒麟と鳳凰に雄と雌がいるのかという疑問を白澤に投げかけます。

白澤は彼らはつがいであると答え、

まるで血縁者なのではないかという程そっくりな奥さんがいることを教えます。

また、白澤のメスはいるのか分からないというが、

好きな女を自分の物にしたらいいというという事だと

解釈していると言う彼に桃太郎は呆れます。

彼等三匹は吉兆が起こる前兆に現れる霊妙な獣で瑞獣と呼ばれており、

優れた政を敷ける者の上を飛ぶと言われています。

また、日本の地獄と同じくEU地獄にも為政者専用の地獄はあり、

国は違えど政治を行う者は地獄に落ちやすいとリリスは語ります。

EU地獄にはリーダーのマラコーダをはじめとした

マレブランケという12人の悪魔が管理する汚職した亡者が

堕ちる地獄があるというリリスの話に、

シロたちと共に桃太郎を花見に誘おうとやってきた鬼灯が勢いよく扉を開けて、

日本だとFinal F○ntasy4だと感じる人が多いと口を挟みます。

その流れで共に花見をする事となり、

リリスは日本の地獄についても鬼灯に訊ねると、

日本の汚職者がよく落ちるのは大叫喚地獄という嘘をつくと落ちる地獄であり、

ここは上に立つ者や金に関する地獄が多く存在しており、

政治と嘘そしてお金は切り離せない程密接な関係にあると鬼灯は話します。

しかしながら、

先入観で役人は良くない事をしていると思われることもあり、

敵意を持たれやすいため、

為政者の功績も考慮し裁判は行うと説明します。

白澤を見たものは良い政治家になるのであれば、

より多くの為政者の上を飛んだらどうかと聞くリリスに、

自分を含む瑞獣は元より政治手腕のある者の上を飛んで後押しするだけであり、

飛ぶことで政治が上手く行われるわけではないと言う白澤は、

昔の中国の為政者、

始皇帝の即位式には瑞獣揃って出向いた事を思い出し、

この時は凄い善政を敷く予兆と批判の的となる予兆の両方を感じたと話します。

その時白澤は忘れてしまっていたものの、

花見の約束をしていた鳳凰と麒麟やって来たため、

そのまま居合わせたメンバー全員で花見を始める事となります。

吉兆の予兆である瑞獣が入り乱れる花見の中、

そんな様子を凄い状況だなと感じつつ、

そんなメンツに囲まれている鬼灯は一体どうなっているのかと桃太郎は訊ねますが、

彼から返ってきたのは「プラマイゼロ」という厳しめの評価でした。

 

鬼灯の冷徹【30巻255話】最新話(絵付き)を今すぐ完全無料で読む

『鬼灯の冷徹最新刊』の内容が気になって、今すぐ読みたいけど、発売がまだされていなかったり、数か月後に発売とかだと正直言って待ちきれないですよね。

しかし週刊誌なら、既存の最新刊よりも先の内容がすでに配信されているため、発売前の最新刊の内容を先読みすることができるんです!

 

そこで、

無料登録直後に600円分のポイントが貰える
無料登録は、わずか1分で可能
最新の週刊誌までリアルタイムで配信

31日間無料お試し期間
期間内に解約すれば料金は“0”円

のU-NEXTを利用すれば、

いますぐ鬼灯の冷徹【30巻255話】を全ページ無料で読むこと

ができます。

 

ですのでもし、“次の巻の発売が待ちきれない”という場合はぜひ試してみてください!


公式サイト

※31日間無料キャンペーン中に
解約すれば料金は“0”円です※