【UQ HOLDER!【22巻168話】最新話の内容ネタバレ!今すぐ無料で読む方法も!】

 

UQ HOLDER!【22巻168話】最新話の内容ネタバレ!今すぐ無料で読む方法も!

 

UQ HOLDER!【22巻168話】は、2020年1月9日発売の「別冊少年マガジン」2020年2月号で掲載されています。

そこで今回は、UQ HOLDER!【22巻168話】最新話の『あらすじ』・『ネタバレについて解説させていただきたいと思います!

 

ちなみに、UQ HOLDER!【22巻168話】を今すぐ読みたいという場合は、U-NEXTで配信されている「別冊少年マガジン」2020年2月号全ページ無料で読むことができます。

※31日間無料キャンペーン中に
解約すれば料金は“0”円です※

 
スポンサーリンク
 

UQ HOLDER!【22巻168話】最新話のネタバレ・あらすじ

前回、七尾のお節介によって裸のまま刀太のところへ飛ばされてしまった雪姫。

二人は裸のまま水中観覧車に乗せられてしまい、親しい二人でもさすがに最初は気まずい雰囲気に包まれてしまいます。

しかし刀太が観覧車の外に恐竜の姿を見つけて子供のようにはしゃぎ、雪姫がつられて笑ったことで空気が軽くなりました。

雪姫はこの機会にと、ヨルダ・バオト討伐のために刀太を創ったことを謝罪します。

しかし刀太は優しく雪姫の頭を撫で、「いつも通りの上から目線の雪姫でいい」と笑いかけました。

そして今度は刀太から、「俺のことを憶えてるか?」と雪姫に質問をします。

ダーナの城で時空を超えた刀太は過去の雪姫と交流を深めているため、今の雪姫が当時のことを憶えていないかとずっと気にしていたのです。

しかし「俺はあんたをキティと呼――」まで言ったところで、雪姫が恥ずかしさに耐え切れなくなって水中観覧車を脱出してしまい、結果はわからずじまいでした。

地上に戻った二人は、新オスティアの街でデートをすることになります。

街中でかつてのクラスメイトたちの石像を見つけた雪姫は噴き出して笑い、その笑顔を見た刀太は「あんたに俺は最初から必要なかった」と辛い気持ちを抱えてしまいます。

ネギ・スプリングフィールドがヨルダ・バオトを討伐した世界線を見たことがある刀太にとって、自分の存在は不必要だったのではないか、というのは大きなしこりになっていたようです。

ところが雪姫は、珍しく弱音を吐いた刀太に優しく微笑みます。

花火の打ちあがる夜の街で、雪姫はとうとう「お前が私の初恋だ」と正直な気持ちを伝えたのでした。

UQ HOLDER!【22巻168話】最新話(絵付き)を今すぐ完全無料で読む

『UQ HOLDER!巻数』の内容が気になって、今すぐ読みたいけど、発売がまだされていなかったり、数か月後に発売とかだと正直言って待ちきれないですよね。

しかし週刊誌なら、既存の最新刊よりも先の内容がすでに配信されているため、発売前の最新刊の内容を先読みすることができるんです!

 

そこで、

無料登録直後に600円分のポイントが貰える
無料登録は、わずか1分で可能
最新の週刊誌までリアルタイムで配信

31日間無料お試し期間
期間内に解約すれば料金は“0”円

のU-NEXTを利用すれば、

いますぐUQ HOLDER!【22巻168話】を全ページ無料で読むこと

ができます。

 

ですのでもし、“次の巻の発売が待ちきれない”という場合はぜひ試してみてください!


公式サイト

※31日間無料キャンペーン中に
解約すれば料金は“0”円です※