MAJOR 2nd【18巻166話】最新話の内容ネタバレ!今すぐ無料で読む方法も!

MAJOR 2nd【18巻166話】最新話の内容ネタバレ!今すぐ無料で読む方法も!

 

MAJOR 2nd【18巻166話】は、2019年6月26日発売の「週刊少年サンデー」2019年30号で掲載されています。

そこで今回は、MAJOR 2nd【18巻166話】最新話の『あらすじ』・『ネタバレについて解説させていただきたいと思います!

 

ちなみに、MAJOR 2nd【18巻166話】を今すぐ読みたいという場合は、U-NEXTで配信されている「週刊少年サンデー2019年30号」全ページ無料で読むことができます。

※31日間無料キャンペーン中に
解約すれば料金は“0”円です※

MAJOR 2nd【18巻166話】最新話のネタバレ・あらすじ

屈辱のハンデを与えられた上でスタートする事となった辻堂学園との練習試合。

闘志を燃やす大吾だったが、先攻の風林はあっさりと三者凡退、

それも三連続で三振を取られてしまった。

千代は小学四年生以来の試合に緊張しながら、守備位置のレフトへと向かう。

大吾もポジションにつくべくキャッチャー防具を身に着けるが、

辻堂のコーチに「遅い!ツーアウトになった時点で少しは準備しておくんだ!」と怒られた。

そんな光景に辻堂の選手達は「9人しかいないと大変だな」と少し同情的。

だが選手達もコーチも、どうしてそんな弱小チームと

練習試合を組んだのか分からないままだった。

そして、それを知る辻堂の監督は未だグラウンドに姿を現していない。

そうした中で一回裏の守備がスタート。

今回は仁科も控えているので初回から全力で投げていいと

指示された睦子だったが、先頭バッターには内野安打を打たれてしまう。

ただ、風林の女子が思っていたよりもいい動きをしているのを見て辻堂の選手達も感心。

当の睦子もこの半年のトレーニングで間違いなく力はついていると自覚し、

慌てずに自信を持って投球を続けていく。

それなりに真剣になってきた辻堂を相手に、風林中学はどこまで戦えるのか……!?

MAJOR 2nd【18巻166話】最新話(絵付き)を今すぐ完全無料で読む

『MAJOR 2nd巻数』の内容が気になって、今すぐ読みたいけど、発売がまだされていなかったり、数か月後に発売とかだと正直言って待ちきれないですよね。

しかし週刊誌なら、既存の最新刊よりも先の内容がすでに配信されているため、発売前の最新刊の内容を先読みすることができるんです!

 

そこで、

無料登録直後に600円分のポイントが貰える
無料登録は、わずか1分で可能
最新の週刊誌までリアルタイムで配信

31日間無料お試し期間
期間内に解約すれば料金は“0”円

のU-NEXTを利用すれば、

いますぐMAJOR 2nd【18巻166話】を全ページ無料で読むこと

ができます。

 

ですのでもし、“次の巻の発売が待ちきれない”という場合はぜひ試してみてください!


公式サイト

※31日間無料キャンペーン中に
解約すれば料金は“0”円です※