MAJOR 2nd【18巻165話】最新話の内容ネタバレ!今すぐ無料で読む方法も!

MAJOR 2nd【18巻165話】最新話の内容ネタバレ!今すぐ無料で読む方法も!

 

MAJOR 2nd【18巻165話】は、2019年6月12日発売の「週刊少年サンデー」2019年28号で掲載されています。

そこで今回は、MAJOR 2nd【18巻165話】最新話の『あらすじ』・『ネタバレについて解説させていただきたいと思います!

 

ちなみに、MAJOR 2nd【18巻165話】を今すぐ読みたいという場合は、U-NEXTで配信されている「週刊少年サンデー2019年28号」全ページ無料で読むことができます。

※31日間無料キャンペーン中に
解約すれば料金は“0”円です※

MAJOR 2nd【18巻165話】最新話のネタバレ・あらすじ

千代は幼い頃の夢を見ていた。
彼女が公園でブランコを漕いで遊んでいたところ、妹の千里がボールとグローブを持って現れてキャッチボールをする事になったのだ。

その頃は千代の方が野球が上手かったのだが、それに憧れて張り切る千里の投げたボールが千代の顔面を直撃!

そんな夢を見て起きてしまった朝、千代は「今日は練習試合があって、千葉の代わりに出場しないといけないんだった!」と思い出して大慌て。

急造のユニフォームに着替えて、千里や他の部員達と一緒に電車で「辻堂学園中学校」へと向かうのだった。

睦子の話によると辻堂は設立から3年しか経っていない新しい私立中学だが、野球部は先日の県大会で準優勝したほどの強豪らしい。

どうしてそんな強豪校が練習試合のオファーを受けてくれたのかは分からないものの、引き受けてもらえた以上はボロ負けするのも覚悟の上で頑張ろうと皆を鼓舞する大吾。

現地に到着すると、そこには既に顧問の山口先生の姿もあった。

彼女は先方と話も済ませていて、「この後11時から試合開始で、招待校にはハンデとして何点か与えた状態でスタートする」といった説明をしてくれた。

先に練習試合をしている他校には「5点」のハンデが与えられていたらしい。
では大吾ら風林中学に与えられるハンデは……?

MAJOR 2nd【18巻165話】最新話(絵付き)を今すぐ完全無料で読む

『MAJOR 2nd巻数』の内容が気になって、今すぐ読みたいけど、発売がまだされていなかったり、数か月後に発売とかだと正直言って待ちきれないですよね。

しかし週刊誌なら、既存の最新刊よりも先の内容がすでに配信されているため、発売前の最新刊の内容を先読みすることができるんです!

 

そこで、

無料登録直後に600円分のポイントが貰える
無料登録は、わずか1分で可能
最新の週刊誌までリアルタイムで配信

31日間無料お試し期間
期間内に解約すれば料金は“0”円

のU-NEXTを利用すれば、

いますぐMAJOR 2nd【18巻165話】を全ページ無料で読むこと

ができます。

 

ですのでもし、“次の巻の発売が待ちきれない”という場合はぜひ試してみてください!


公式サイト

※31日間無料キャンペーン中に
解約すれば料金は“0”円です※