やりたなごとは?絶滅危惧なの?池の水ぜんぶ抜く大作戦

こんにちは。
緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦に出てきた魚
やりたなごとはどういった魚なのか
見ていきたいと思います。
 
スポンサーリンク
 

やりたなごとは?絶滅危惧なの?池の水ぜんぶ抜く大作戦

ヤリタナゴは、条鰭綱コイ目コイ科アブラボテ属に分類される淡水魚の一種。
体長10-13cm。体形は側扁し、タナゴ類としては体高が低く、
近縁種とされるアブラボテに比べ前後に細長い。
種小名 lanceolata は「槍の穂先のような」の意で、和名とほぼ同義である。
開発による生息地の破壊とそれに伴う二枚貝類の減少、
ブラックバスやブルーギルの食害等により生息数は減少している。
2007年には環境省レッドリストの準絶滅危惧カテゴリに記載された。

やりたなごと人間との関係とは?池の水ぜんぶ抜く大作戦

食味が苦く小骨も多いため一般的ではないものの、佃煮や雀焼き等で食用に供されることもある。
釣りや飼育の対象魚となることもある。
丈夫で人工環境にも慣れやすく飼育は容易である。
観賞魚としてペットショップ等でも販売されているが、
日本に広く分布する種とはいえ遺伝子汚染や病気の
伝播等が考えられるので、野外へ遺棄してはならない。
 
スポンサーリンク
 

まとめ

準絶滅危惧されている貴重な魚のようです。
日本では各地で見られていたようですが、
年々数が減っています。
不用意に外来種を放流しないようにしましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。