この音とまれ(漫画)に登場する足立実康はどんな人物?プロフィール・過去は?

プロフィール

通称:サネ
誕生日:6月25日
正座:かに座
血液型:A型
身長:175cm
体重:64kg
兄弟:姉一人、妹一人
好きなもの:ラーメン・チャーハン・炭酸
苦手なもの:特になし
人の作ったものなら、まずくても食べる
学校が休みの日は:コータ・ミッツといるか姉ちゃん・妹にぱしらされるか、買い物に付き合わされる

[U-NEXT画像]

人物

新たに時瀬高校箏曲部に入部した高校1年生。
愛の友人。
気性の荒い姉と生意気な妹に挟まれて育ったがまだ女の子に夢を抱いている。
仲間思いで、先輩である武蔵に対しても敬意が持つ好青年。
ギターの経験があり、リズム感が良い。
長髪でいつもカチューシャで前髪をあげるか後ろで束ねている。
時瀬高校一年メンバーの中では、しっかりしている方。
動揺するときもあるが、一回目の合宿でコータがいなくなったときも
あいつは逃げるようなやつじゃないと、言い切った。
はじめの方は、普通の琴を担当していたが滝浪先生が本格的に指導し始めた時から
十七絃を担当するようになる。
晶は愛は飲み込みが早いが、サネは平凡だと評価していた。
サネ自身も、自分の役割や音にあまり自信を持っていなかった。
愛や武蔵も曲によって十七絃を担当しているが、サネは基本的に十七絃を
ずっと任されている。
しかし滝浪先生いわく、サネの音は部員全員とよく馴染むようだ。
時瀬のメンバーの演奏は音質がバラバラで下手するとまとまりがなくなる。
それをサネはうまい具合に中和し繋げてくれる。
だから、曲の中心である十七絃を担当させている。
そのことを晶から聞かされてからのサネは、自分の役割を理解し
練習に励む。

過去

中学生時代、通孝と光太の3人でいるところを不良に絡まれピンチに陥ったところを
愛に助けられたことがあり、その借りを返すために、通孝や光太と一緒に箏曲部へ入部した。

関連人物

・久遠愛
・堺通孝
・水原光太
・高岡哲生

まとめ

以上が足立実康のまとめになります。
部活でもお兄ちゃん的ポジションですかね。
姉と妹がいるのに、女性に対して夢を持っているのはすごいですね^^。
いつもコータとミッツの3人でくくられますが、
サネもとっても熱くていい男です。
仲間思いなシーンが数多く見受けられます。
この部になくてはならないメンバーの一人です。
ミッツや愛もサネに助けられていることも多くあります。
曲の中心である十七絃を担当して責任も大きいと
思いますが、悔いのないようがんばってほしいと思います。
興味のある方は、ぜひ読んでみてください。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
関連記事