山口隆祥(元ライフジャパン会長)の経歴や学歴とは?安倍元首相と「桜を見る会」で交流していた?

2020年10月2日

【山口隆祥(元ライフジャパン会長)の経歴や学歴とは?安倍元首相と「桜を見る会」で交流していた?】

 

こんにちは。

今、ニュースで話題になっていることについて

気になることをまとめていきます。
今回は【山口隆祥(元ライフジャパン会長)の経歴や学歴とは?安倍元首相と「桜を見る会」で交流していた?】について

調べてみました。
 

 
スポンサーリンク
 

山口隆祥(元ライフジャパン会長)の経歴や学歴とは?

家庭用磁気商品の「オーナー(販売預託)商法」で多額の現金を集めた「ジャパンライフ」(東京、破産手続き中)について、警視庁と愛知など5県警の合同捜査本部は18日、元会長の山口隆祥(たかよし)容疑者(78)=東京都文京区=ら14人を詐欺容疑で逮捕した。債務超過の事実を隠して営業したという。延べ約1万人から2100億円を集めたといい、合同捜査本部は実態の全容解明を目指す。

引用:朝日新聞

 

 

元ライフジャパン会長の山口隆祥さんとはどのような人物なのか、、、?

 

 

1万人から2100億円もの資金を集めることができるというのは、やはりそれだけ経営手腕が優れているということですよね!

結果的に詐欺という形で、逮捕されてしまったようですが、ライフジャパン時代はどうような活躍をされていたのかまとめていこうと思います。

 

 

山口 隆祥(やまぐち たかよし、1942年 – )は、日本の実業家。ジェッカーチェーン、ジャパンライフの創業者。

引用:Wikipedia

 

 

高校卒業して、富士重工業(現在・スバル)に入社された後、「ジェッカーチェーン」という会社を設立しています。

 

ジャッカーチェーンは、マルチ商法と呼ばれて審査の末、銀行取引が中止され倒産しています。

ほぼ同時期に、「ジャパンライフ」を創業しておりその社長職を務めています。(1975年)

ここでも、所得隠しが発覚して、1983年に告発され社長から取締に退く。

 

このあたりから、政治家と繋がりが出てきたようです。
 

高校卒業後に就職されていますので、学歴としては高卒ということになりますね。

当時の感覚からすると、おそらく普通のことだったのではないかと思われます。

 

 

山口隆祥のライフジャパンとはどうような会社なの?

 

山口隆祥さんはずっと黒い噂がある人物のようですね。。

Wikipediaの情報が正しいとするとかなり何度も、疑われており実際に逮捕もされていますね。。。

 

 

ジャパンライフ株式会社は、建設業界の部品の受注を行っている会社です。

歴史は長く創業50年以上も続いている大企業ですね。

※現在は社長が変わっており、山口隆祥被告とは関係ありません。

 

ジャパンライフ株式会社公式HPはこちら

 

 

 
スポンサーリンク
 

『山口隆祥(元ライフジャパン会長)は安倍元首相と「桜を見る会」で交流していた?

同社をめぐっては、山口隆祥容疑者が安倍晋三首相(当時)主催の15年の「桜を見る会」に招かれたとする招待状を勧誘に使ったことが19年11月に発覚。安倍氏の推薦枠だった可能性が浮上し、国会で取り上げられた。安倍氏は同年12月の参議院本会議で「個人的な関係は一切ない」と答弁していた。

引用:朝日新聞

 

 

安倍元首相が国会でも、答弁されていたんですね。。(◎_◎;)

個人的に関係ないとのことですので、山口隆祥被告がお客さんを信頼させるために勝手に使っていたと考えられます。。
 

しかし、桜を見る会には呼ばれているとみて間違いないようですので、やはり政治家とのつながりはあったんでしょうね。。

 

 

まとめ

今回は【山口隆祥(元ライフジャパン会長)の経歴や学歴とは?安倍元首相と「桜を見る会」で交流していた?】について

まとめてみました。

 

 

なかなか黒い人物のような気がしますね。。

しかし、日本全国で2100億円という金額をあつめることのできる手腕はさすがと言えます。

いい方向にその才能を使ってほしかったですね。。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
 

関連記事

大麻疑惑の沖縄出身の人気女性歌手Xとは誰?【トカナ】で話題!!

マツコのホンマでっかTVの後任は誰?卒業理由は高額なギャラが原因だった!??9/16

伊勢谷友介と親密だったミリオン歌手の歌姫Xとは誰?【トカナ】

 
スポンサーリンク