ジャニーズ報奨金制度創設は本当?嘘?東スポ記事の真相とは?

 

【ジャニーズ報奨金制度創設は本当?嘘?東スポ記事の真相とは?

こんにちは。

今、ニュースで話題になっていることについて

気になることをまとめていきます。

今回は【ジャニーズ報奨金制度創設は本当?嘘?東スポ記事の真相とは?】について

調べてみました。

 
スポンサーリンク
 

ジャニーズ報奨金制度創設|東スポ記事の内容とは?

ついに滝沢秀明副社長(38)が動いた! ジャニーズ事務所が“第2の手越”を出さないよう、対策を講じるというのだ。

このままでは、手越をはじめとする退所組の活躍を目にした所属タレントが後に続きかねない。そこで滝沢氏が創設を急いでいるのが、所属タレントに対する顕彰制度だという。

「事務所に貢献したと判断したグループや個人を顕彰して、感謝の気持ちを表すとともに、個人には100万円、グループには1000万円の報奨金を授与する計画。タッキーらしいのは売り上げだけではなく、チームワークや事務所のイメージアップに尽力したタレントも対象になるようです。さらにMVP賞も作り、故ジャニー喜多川さんの名前が冠されるとも」(事情通)

参照:東スポ
引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/1d91d94174cfb6dc52d51de59be2109c7c40b926

とありますね!

東スポさんのこの記事の真偽を疑う声がありました。

ネットの声

一般企業だったら有効な手立てと思いますが、ジャニーズの場合お金じゃない気がします。

東スポなのでそもそも本当かどうかは怪しいですが。

この記事は信憑性ないけど、仮に報奨金制度を創立しようとしているなら、うまくいかないと思う。

辞めた人たちはお金に不満があったわけではない。自身に対する事務所の扱い等お金以外の部分に不満があったケースが多いと思う。

ソースが東スポだから話半分以下で聞いている(読んでいる)けど。

本当かな?
「第2の手越のように」って、手越くんの退所ってそんなに衝撃的な影響力あるものなの?
事務所側の言うこと聞かなくて問題起こしすぎて退所に至ったと思ってるけど。
それをお金を出すことで防げるの?
この記事が本当ならやり方が間違ってる気がする。
その前に記事に疑いあるけどね。

などなど、この記事自体に疑問を持つ声がありますね!

ジャニーズ報奨金制度創設は本当?嘘?

では、ジャニーズ報奨金制度創設は本当なのかについてですが、

ジャニーズタレントの人材流出はやはりジャニーさんが居なくなったために求心力を失ったことによるものだと思われます。

タッキーが社長だったからこうなった訳では無いですよね。。。

しかし、社長として活躍や貢献してくれたグループや個人に報奨金を出すのは、会社としては普通のことなのかと思います。

ですので、報奨金制度は十分にあり得るのではないかと思います!

やはり、目に見える形で会社からそういった賞をもらえるのは一個人として嬉しいですもんね!

タッキー社長も崩れかけた状態を立て直そうと必死だと思います。

まだまだイケメンと言えば、ジャニーズですしファンの方が喜んでくれる形が見つかればいいですね^^。

ちなみに公式サイトの最新情報では、

弊社所属アーティストTOKIOの活動についてご報告させていただきます。 2021年4月1日より城島茂・国分太一・松岡昌宏の3名が株式会社TOKIOを設立し、ジャニーズグループ関連会社として運営す・・・

引用:https://www.johnny-associates.co.jp/information/

とあります。

さすがに社内の事情について公式サイトで報告しないですね( 一一)

会社に求めるものは人それぞれ違うかと思いますが、ジャニーズは会社の中でも特殊ですからね。

お金をもらえたら納得できるかという問題はあるかと思います、、、。

ダイレクトにファンの声が届く商売ですので、やはりやりがいが大切になってくるのかなと思いますね(◎_◎;)

まとめ

今回は【ジャニーズ報奨金制度創設は本当?嘘?東スポ記事の真相とは?】について

まとめてみました。

会社として、活躍したタレントに報奨金を出すことはありえるかと思います。

やはりファンの方があってのジャニーズだと思いますので、ファンの方が納得する形で話が進んでいくといいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございます。