【無号のシェネルギア13話最新話の内容ネタバレ!今すぐ無料で読む方法も!】

無号のシェネルギア13話最新話の内容ネタバレ!今すぐ無料で読む方法も!

 

無号のシェネルギア13話は、2020年5月26日発売の「月刊誌(シリウス)」2020年7月号で掲載されています。

そこで今回は、無号のシェネルギア13話最新話の『あらすじ』・『ネタバレについて解説させていただきたいと思います!

 

ちなみに、無号のシェネルギア13話を今すぐ読みたいという場合は、U-NEXTで配信されている「月刊誌(シリウス)」2020年7月号全ページ無料で読むことができます。

※31日間無料キャンペーン中に
解約すれば料金は“0”円です※

 
スポンサーリンク
 

無号のシェネルギア13話最新話のネタバレ・あらすじ

インド洋東部、中国海軍空母「深紅」は突如何者かに撃沈された。

軽井沢のブレイズ隊にその一報が入り、ペリウィンクルはアンバックと七番アークの発見と制圧を急がねばならなくなった。

満身創痍のヒロトは、自分たちをシェネルギアに乗せるよう、ペリウィンクルに交渉した。

そして月へ連れていくよう要求する。

だが新世代国連軍の目的も月であった。

ヒロトはペリウィンクルの性格に自分に近いものを感じており、パイロットスーツが支給されることになった。

ルルー大佐から、空母撃沈はアフリカの「バルタザール」由来の兵器であることが伝えられた。

U.N.ネクスト軍空母警備のためペリウィンクルには帰還が命じられたが、ブレイズがそれを止めた。

空母警備にはブランカとフォルテイスを向かわせると進言したのだ。

ブランカの表情は、これまでに比べ温和になっていた。

今まで感じたことのない色を感じたからだ。

彼女の周りはどす黒い憎悪にまみれた感情が渦巻いている。

その中でしか生きられないブランカは、希望を持てずにいた。

そんな中ブレイズ隊に七番アーク発見の一報が入る。

シロへの逆襲が開始されようとしていた。

 

無号のシェネルギア13話最新話(絵付き)を今すぐ完全無料で読む

『タイトル最新刊』の内容が気になって、今すぐ読みたいけど、発売がまだされていなかったり、数か月後に発売とかだと正直言って待ちきれないですよね。

しかし週刊誌なら、既存の最新刊よりも先の内容がすでに配信されているため、発売前の最新刊の内容を先読みすることができるんです!

 

そこで、

無料登録直後に600円分のポイントが貰える
無料登録は、わずか1分で可能
最新の週刊誌までリアルタイムで配信

31日間無料お試し期間
期間内に解約すれば料金は“0”円

のU-NEXTを利用すれば、

いますぐ無号のシェネルギア13話を全ページ無料で読むこと

ができます。

 

ですのでもし、“次の巻の発売が待ちきれない”という場合はぜひ試してみてください!


公式サイト

※31日間無料キャンペーン中に
解約すれば料金は“0”円です※