ワールドトリガー196話最新話の内容ネタバレ!今すぐ無料で読む方法も!

ワールドトリガー196話最新話の内容ネタバレ!今すぐ無料で読む方法も!

 

ワールドトリガー196話は、2020年5月2日発売の「月刊誌(ジャンプSQ.)」2020年6月号で掲載されています。

そこで今回は、ワールドトリガー196話最新話の『あらすじ』・『ネタバレについて解説させていただきたいと思います!

 

ちなみに、ワールドトリガー196話を今すぐ読みたいという場合は、U-NEXTで配信されている「月刊誌(ジャンプSQ.)」2020年6月号全ページ無料で読むことができます。

※31日間無料キャンペーン中に
解約すれば料金は“0”円です※

 
スポンサーリンク
 

ワールドトリガー196話最新話のネタバレ・あらすじ

B級ランク戦ROUND8終了後、それぞれがこの試合を振り返っていた。

先にベイルアウトしたヒュースは、雨取の最後の狙撃をほめていた。

三雲・空閑も合流したが、三雲にはまだ勝利の実感がないようだった。

解説を加えていた小南・王子・蔵内は揃って、三雲のハウンド戦術に感心していた。

まず試合開始直後、空閑たちの位置が他の隊に位置がバレてしまった。

しかし生駒旋空を絶妙なタイミングでかわせたのは、宇佐美のオペレーションによるところが大きかった。

ヒュースの二宮に対する強引な動きも、三雲の切り札から意識を逸らせるために効果的だった。

空閑の放った曲がるブレードにはあらかじめ工夫が施されており、予想外の動きをするものになっていた。

雨取のレッドバレット狙撃には、見方が分かれていた。

辻を落とすためのフェイクとも見られたが、辻へのアイビス狙撃は雨取の判断によるものだった。

ここまでの試合で玉狛第2は単独2位となり、遠征選抜試験への切符を獲得。

弓場隊は上位に残れるかは、B級中位最終戦の結果次第となる。

 

ワールドトリガー196話最新話(絵付き)を今すぐ完全無料で読む

『タイトル最新刊』の内容が気になって、今すぐ読みたいけど、発売がまだされていなかったり、数か月後に発売とかだと正直言って待ちきれないですよね。

しかし週刊誌なら、既存の最新刊よりも先の内容がすでに配信されているため、発売前の最新刊の内容を先読みすることができるんです!

 

そこで、

無料登録直後に600円分のポイントが貰える
無料登録は、わずか1分で可能
最新の週刊誌までリアルタイムで配信

31日間無料お試し期間
期間内に解約すれば料金は“0”円

のU-NEXTを利用すれば、

いますぐワールドトリガー196話を全ページ無料で読むこと

ができます。

 

ですのでもし、“次の巻の発売が待ちきれない”という場合はぜひ試してみてください!


公式サイト

※31日間無料キャンペーン中に
解約すれば料金は“0”円です※