るろうに剣心北海道編23話最新話の内容ネタバレ!今すぐ無料で読む方法も!

2020年10月5日

るろうに剣心北海道編23話最新話の内容ネタバレ!今すぐ無料で読む方法も!

 

るろうに剣心北海道編23話は、2020年4月4日発売の「月刊誌(ジャンプSQ.)」2020年5月号で掲載されています。

そこで今回は、るろうに剣心北海道編23話最新話の『あらすじ』・『ネタバレについて解説させていただきたいと思います!

 

ちなみに、るろうに剣心北海道編23話を今すぐ読みたいという場合は、U-NEXTで配信されている「月刊誌(ジャンプSQ.)」2020年5月号全ページ無料で読むことができます。

※31日間無料キャンペーン中に
解約すれば料金は“0”円です※

 
スポンサーリンク
 

るろうに剣心北海道編23話最新話のネタバレ・あらすじ

荒くれ者に囲まれた剣心たち。

老若男女、皆刀を持ち一触即発の事態であった。

剣心は場を収めに出ようとするが、体力の回復を気遣い左之助が出る。

暴徒の鎮圧は簡単だったものの、その後の問題が厄介だった。

役人の話によるとこの小樽、人や物が行きかう中で、良からぬモノが流通しているようだ。

樺戸集治監からの脱走も重なり、小樽の治安は悪くなっていた。

そこでこの混乱と同時期に出回っていたのが雅桐刀(がどうとう)なる刀だった。

刀の作りは粗末な分、量産に向くものだった。

剣心たちはこの刀の流通経路を探るべく動き出す。

刀屋、大工、芸妓と辿っていくと、小樽の現状を聞いた役人に戻ってしまった。

雅桐刀は、出始めた頃は高値で転売され、広まってしまうと安値で転売が横行する物だった。

流通経路を辿ろうにも様々なものが絡み合っているため、容易に探ることができない。

雅桐と呼ばれる者、その目的は何なのか・・・

一方アの三馬鹿たちは小樽港にいた。

モッコ背負いなら素性の分からない者でも入れる、ニシン漁に稼ぎの見込みを見出したのだ。

動き始めた小樽で、これからなにが起きるのか?

 

るろうに剣心北海道編23話最新話(絵付き)を今すぐ完全無料で読む

『タイトル最新刊』の内容が気になって、今すぐ読みたいけど、発売がまだされていなかったり、数か月後に発売とかだと正直言って待ちきれないですよね。

しかし週刊誌なら、既存の最新刊よりも先の内容がすでに配信されているため、発売前の最新刊の内容を先読みすることができるんです!

 

そこで、

無料登録直後に600円分のポイントが貰える
無料登録は、わずか1分で可能
最新の週刊誌までリアルタイムで配信

31日間無料お試し期間
期間内に解約すれば料金は“0”円

のU-NEXTを利用すれば、

いますぐるろうに剣心北海道編23話を全ページ無料で読むこと

ができます。

 

ですのでもし、“次の巻の発売が待ちきれない”という場合はぜひ試してみてください!


公式サイト

※31日間無料キャンペーン中に
解約すれば料金は“0”円です※

 
スポンサーリンク