カワイスギクライシス13話最新話の内容ネタバレ!今すぐ無料で読む方法も!

2020年4月10日

カワイスギクライシス13話最新話の内容ネタバレ!今すぐ無料で読む方法も!

 

カワイスギクライシス13話は、2020年4月4日発売の「月刊誌(ジャンプSQ.)」2020年5月号で掲載されています。

そこで今回は、カワイスギクライシス13話最新話の『あらすじ』・『ネタバレについて解説させていただきたいと思います!

 

ちなみに、カワイスギクライシスを今すぐ読みたいという場合は、U-NEXTで配信されている「月刊誌(ジャンプSQ.)」2020年5月号全ページ無料で読むことができます。

※31日間無料キャンペーン中に
解約すれば料金は“0”円です※

 
スポンサーリンク
 

カワイスギクライシス13話最新話のネタバレ・あらすじ

宇宙で最も可愛い生き物といえば?

そう、『マヌルー』である!!

華澄がマヌルーに興味があるようなので、リザが生物研究室から転送してくれた。

このマヌルーは、全宇宙可愛い動物ランキング128年連続1位を取るほどの可愛さなのだ。

だがリザの表情は晴れない。

「いいんだぜ華澄、正直に罵ってくれて・・・」

この不思議な生き物の飼育方法はとても簡単だ。

ガルミ曰く、塩水を与えるだけ、でいいのだ。

猫のよぞらはすっかりマヌルーのことが気に入り、誠二たちのウケもいい。

しかしリザは猫とマヌルーの魅力の差をひしひしと感じてしまった為、つい感情的になってしまう。

そんなリザに華澄は、ペットを飼う上での大切な心構えを伝える。

地球で出会った猫の可愛さに心を奪われていたが、かつて飼っていたペニラとも素晴らしい時間を過ごしていたのだ。

そのことを気づかされたリザは、マヌルーにも魅力があることを再認識する。

それにしても、ささらはマヌルーのことを「ゆる可愛い」と言い、小町は「キモ可愛い」とそれぞれ違った表現をしていた。

「ゆる可愛い」とは一体何なのか?

地球の「可愛い」は、奥が深い。

 

カワイスギクライシス最新話(絵付き)を今すぐ完全無料で読む

『タイトル最新刊』の内容が気になって、今すぐ読みたいけど、発売がまだされていなかったり、数か月後に発売とかだと正直言って待ちきれないですよね。

しかし週刊誌なら、既存の最新刊よりも先の内容がすでに配信されているため、発売前の最新刊の内容を先読みすることができるんです!

 

そこで、

無料登録直後に600円分のポイントが貰える
無料登録は、わずか1分で可能
最新の週刊誌までリアルタイムで配信

31日間無料お試し期間
期間内に解約すれば料金は“0”円

のU-NEXTを利用すれば、

いますぐカワイスギクライシスを全ページ無料で読むこと

ができます。

 

ですのでもし、“次の巻の発売が待ちきれない”という場合はぜひ試してみてください!


公式サイト

※31日間無料キャンペーン中に
解約すれば料金は“0”円です※