ハンタウイルスが中国で流行はデマ?日本は大丈夫なの?コロナとダブルパンチの可能性は?

2020年3月29日

『ハンタウイルスが中国で流行はデマ?日本は大丈夫なの?コロナとダブルパンチの可能性は?』

こんにちは。

最近、世界的に新型ウイルスコロナが大流行しており、

活動自粛が続いており、大変な騒ぎになっていますね。

その中で、Twitter上に新たなウイルス『ハンタウイルス』に関する情報が

載っていました。

今回はそのハンタウイルスについて見ていきたいと思います。

ハンタウイルスが中国で流行はデマ?本当なの?

ハンタウイルスとは、、、

ハンタウイルスは人に急性かつ高熱を特徴とする疾患を引き起こすウイルスです。

症状の特徴として腎症候性出血熱(HFRS)とハンタウイルス肺症候群(HPS)と呼ばれ、

両疾患を合わせてハンタウイルス感染症と総称します。

1982年、WHOの国際研究集会で、HFRSと統一して呼ばれるようになっています。

症状・・・インフルと似ており発症初期には発熱、頭痛、腹痛、嘔吐、筋肉痛等の症状を示すが、

その後の症状は両者で違ってくる、

HFRS(ハンタウイルス)では蛋白尿や乏尿などの腎臓の機能障害と

皮膚の皮下出血や重症例ではショックによって死亡する例もあります。

 
スポンサーリンク
 

ハンタウイルスが中国で流行はデマ?日本は大丈夫なの?

ハンタウイルスは中国で流行とありますが、

確かに死傷者が出ているようですが、流行というほどではないですので、

心配する必要はないかと思います。

日本では、死体は火葬しますし

ワクチンもあるようですので、大丈夫です!

『ハンタウイルスが中国で流行はデマ?日本は大丈夫なの?コロナとダブルパンチの可能性は?』のまとめ

今回は『ハンタウイルスが中国で流行はデマ?日本は大丈夫なの?コロナとダブルパンチの可能性は?』

についてまとめてみました。

コロナの影響で疑心暗鬼なところもあるかと思いますが、

自分でしっかり調べて、正しい知識を持つことが大切ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。