鬼滅の刃198話ネタバレ・考察!無惨は倒せるのか?


【鬼滅の刃198話ネタバレ・考察!無惨は倒せるのか?】

ー戦いは最終局面へーの書き出しと共に重傷を負いながらも必死に無惨を食い止める鬼殺隊のメンバーたち。

果たして無惨を倒すことはできるのか?

今回は198話のネタバレ・考察をしていきたいと思います!

 
スポンサーリンク
 

鬼滅の刃198話ネタバレ・あらすじとは?

扉絵は蝶屋敷の女の子たちと千寿郎。みんなが無事帰ってくることを祈っています。

一方、無惨と戦う炭治郎、善逸、伊之助たちは必死で技を繋ぎ無惨を食い止めようとしています。

無惨も今までダメージが蓄積していることにより、攻撃速度も落ちてきています。

しかし、赫刀でないとなかなかダメージを与えることも出来ず一進一退の攻防が続きます。

また、善逸は攻撃の要とも言える足が潰れてしまい厳しい状況ですが、育手のじいちゃんを思い出し必死に技を出します。

三人がなんとか協力して技を繋いでいきますが三人とも限界が。

炭治郎が刀を突き立てそのまま無惨を壁に縫いとめることしかできません。

無惨な反撃がくると思われた時、攻撃を封じたのは甘露寺蜜璃。

自慢の筋力により無惨な腕を引きちぎります!また、反対からも不死川実弥の助太刀が。

両手が使えなくなった無惨は何と顔が割れ無数の歯で炭治郎を襲います。

あまりの光景に思わず引き下がりそうになる炭治郎。それを庇ったのは伊黒でした!

遠くでは太陽が昇ってこようとしています。

鬼滅の刃198話ネタバレ・考察!無惨の変化とは?

無惨との対決も終わりが見えてきたように思えますね!

三人の活躍により柱が復活するまで持ち堪えました。

また、無惨は一気に化け物へと姿を変えましたね。

人間であることに強いこだわりを持っていた無惨がそのこだわりを捨てて、姿を変えたということはかなり追い詰められていると思われます。

そして、遠くから太陽が見えてきている。このまま決着がつくのでしょうか?

しかし、禰豆子もこちらに向かって来ていますからそこで一悶着ありそうですね。

 
スポンサーリンク
 

【鬼滅の刃198話ネタバレ・考察!無惨は倒せるのか?】まとめ

今回は【鬼滅の刃198話ネタバレ・考察!無惨は倒せるのか?】についてまとめていきました。

着々と無惨を追い詰めていく鬼殺隊のメンバーたち。果たして無惨を倒すことができるのでしょうか?

また、禰豆子が人間に戻り炭治郎の下は行くことにはどんな意味があるのでしょうか?

これからの話の展開が楽しみですね!

鬼滅の刃

Posted by huu